2010年9月25日 (土)

続・藤原昭三の世界

前回の続きである。藤原昭三という画家はもうこの世にはいない。亡くなって10年以上...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

藤原昭三の世界

» 続きを読む

| | コメント (1)

2010年7月 3日 (土)

中西勝さんのリトグラフ「豚と星花」

説明文によれば、中西勝さんが神戸新聞平和賞を受賞した記念に制作された作品というこ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

故.西京芳宏の書「空」

奈良の詩人であり書家であった西京芳宏さんからいただいたもの。大阪の画廊での展覧会...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

小松益喜さんの絵

いろいろ整理していたら、古い絵を見つけました。小松益喜さんの「香住中町風景」と題...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

牡丹の図

今、私の部屋の床の間に季節に合わせて牡丹の絵を掛けています。もう30年ほど前にな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

長谷川竜生の書

1990年梅田画廊に出展されていたものです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

翔雲さんの順三郎の詩

これは村上翔雲さんの書いた西脇順三郎の詩句です。翔雲さんが順三郎の詩に熱中したの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

村上翔雲さんの書

2010年の元旦に 我が家の玄関口を入ってくると、小さな額があなたを迎えてくれま...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

睡蓮が咲きました

4月植え付けした睡蓮2種のうち、小さいほうが、6月11日咲きました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

愛蔵の硯石(5)・端渓硯の各種

1~4までに紹介した硯のほかの手持ちの端渓硯です。 右上 古端渓 (15センチ×...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

愛蔵の硯石(4)・易水宝硯

たしか、2005年に訪中した時、中国総工会から贈られた硯です。河北省の易県という...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛蔵の硯石(3)・古歙州硯

 わたしが一番大切にしている硯です。一番高価だっただけでなく、一番使いやすい硯で...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

愛蔵の硯石(2)連環式古端渓

左から ①玉石の彫刻を嵌め込んだ硯の蓋 ②硯の表 ③箱書き ④外蓋⑤硯の裏面。 ...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

愛蔵の硯石(1)岡山の高田硯

作者の為書を見てみよう。 高田硯  作州ノ国 旧高田ノ庄住人 ...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

2009年の書初め

2009年初頭の書初めの一つです。飛天の絵はかつて敦煌に行った折、求めた拓本の一...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

菅原洸人画伯の絵

節子との詩画集「馬と鶏」に対して贈られたものです。添付されたお手紙には「このよう...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

節子の遺作・4

製作年代はいずれも十年ほど前だと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

節子の遺作・3

大体1990年後半と思われます。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

節子の遺作・2

節子のアトリエを整理しています。何十枚というキャンバスが遺されています。廃棄処分...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«中国の張歩のリトグラフ