« 愛蔵の硯石(1)岡山の高田硯 | トップページ | 愛蔵の硯石(3)・古歙州硯 »

2009年2月26日 (木)

愛蔵の硯石(2)連環式古端渓

001 002 左から ①玉石の彫刻を嵌め込んだ硯の蓋 ②硯の表 ③箱書き ④外蓋⑤硯の裏面。

サイズ 16センチ×11センチ×3センチ

箱書きに成瀬石癡翁が愛玩した連環式古硯とある。山田荷香鑑識 とある。何時ごろ日本に入ってきたものか。それにしても大げさな硯である。骨董趣味でもとめられた古端渓は多いが、これはまあ実用硯であろう。しかし使い勝手はそれほどよくない。石質も最上とはいえない。私の大叔父が大切にしていた硯である。そして、私が入手した最初の古端渓硯である。

|

« 愛蔵の硯石(1)岡山の高田硯 | トップページ | 愛蔵の硯石(3)・古歙州硯 »

コメント

この連環式古端渓は、いまは上越の息子のところにあります。

投稿: zikihara | 2009年7月24日 (金) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127699/44181347

この記事へのトラックバック一覧です: 愛蔵の硯石(2)連環式古端渓:

« 愛蔵の硯石(1)岡山の高田硯 | トップページ | 愛蔵の硯石(3)・古歙州硯 »